プライベートレッスン

誰のため、何のために?

  • トップマネジメントは、訓練に参加する可用性を持っていない
  • メディアトレーニング
  • 口述試験の準備
  • 企業のフィルムの調製
  • フランス語で話すように呼ばれ、英語と日本語のマネージャー(発音上の仕事、音声学と韻律その介入で良い流暢さを取得する)

デュレーション

  • 半日または8 2時間のセッションのための四つの教訓
  • これは重要な話すを繰り返す返すことが推奨され

開発

  • プログラムは、3日間の過程で達成されるものと同様である。なお、各々の特定の状況に適合させることができる
  • 話すのすべての演習の映像記録が最後のレッスンの最後に与えられます

機器

  • ビデオカメラ – SONY DVCAM (DSR PDX -10P )
  • プロジェクターSONY VPL- CS6
  • 東芝(Windowsの7 )
  • ショットはまたアシスタントを教えるビデオオペレータによって実行されます。

場所

  • プライベートレッスンは、ビジネスまたは施設FG通信では、ご自宅で開催することができます。