Yves Furet (イヴ フゥレ) 作成中

パリ演劇コンサルバトワールでルイ ジュヴェ(Louis Jouvet、フランスの代表とする俳優、演出家)とシャルル デゥラン(1900年初旬俳優、演出家、劇団主宰者)に師事。

その後、俳優養成スタジオを設立。 これにより、大きな産業の人事責任者たちと知り合う。

人事部責任者たちは、俳優養成テクニックにとても関心を持ち、会社の管理職、幹部への口頭コミュニケーション法の研修をフゥレに依頼する。彼の主な目的は、幹部たちにルイ ジュヴェの名高い礼儀の3つの決まりを実践させることだった。それは。。。:

« Se faire entendre »「耳を傾けさせる事」
« Se faire comprendre »「理解させる事」
« Savoir son texte »「自分の主題を知る事」

このように、イヴ フゥレは口頭コミュニケーションの研修でキャリアを積み重ねた。彼はその分野で彼が手がけた全ての企業に業績を残した。