口頭表現対策

目的 :

  • スピーチのテクニックを習得、実践することで、思いを上手く伝えられ、効果的なコミュニケーションを図る。
  • 身体的緊張と精神的抑制の開放を習得する。
  • あがり症の克服
  • 話すという行為は総合的なものであることを理解し、自分自身の声、身体、思考を見出すことによって、よりよいコミュニケーション法を身に付ける。

 

話し方は 才能 の 有る 無し では なく、

訓練するか, しないかだけである

– Yves FURET – (イヴ フュレ)

エコールサントラパリのエグゼクティブ教育

口頭表現の訓練

「スピーキング指導者」
「野党や論争の位置での通信」

Témoignages